卒乳後のバストアップ

産後の胸がしぼむ原因は?しわしわバストを元に戻す方法はコレ!

産後のバストがしぼむ原因

妊娠中・授乳中は、ふっくらとしてボリュームのあったバスト。

授乳回数が減るにつれてしぼみ始め、卒乳後しばらく放置したバストは、しわしわの残念なバストに。

鏡に映る自分のバストを目にする度、残念な気持ちになりますよね。

産後の胸がしぼむ原因を知ることができれば、しぼんだバストもボリュームアップさせることができますよ。

産後に胸がしぼむ原因と、しぼんだ胸を戻す方法をご紹介します。

産後の胸がしぼむ原因は?

授乳中は張りがあって大きく膨らんでいたバストも、卒乳するころにはすっかりしぼみ、ブラジャーの中でバストが動くようになってしまいますよね。

産後のバストがしぼむ原因は、大きく分けて3つあります。

産後のバストがしぼむ原因
  • 乳腺の衰退
  • 生活の変化
  • 適切なブラを着けていない

乳腺の衰退

妊娠中の女性は「プロラクチン」というホルモンが増えます。このプロラクチンには、乳腺の発達を促し、母乳を作る作用があります。

プロラクチンは授乳中からどんどん減少し、卒乳後は正常値に戻ります。

プロラクチンの減少と共に乳腺も衰退していくので、卒乳後にはバストがしぼんでしまうのです。

生活の変化

出産を終えるとホルモンバランスが変わるだけでなく、生活も一変します。

赤ちゃんのお世話は、朝も夜も続きます。授乳におむつ替え、着替えや入浴…お世話のほとんどが前かがみの姿勢で行われます。

前かがみの姿勢が続くと、バスト周りの血行が悪くなり、バストから肉が離れて行きます

そして食生活の変化もあります。授乳中はすぐにお腹がすくので、腹持ちのいい炭水化物の摂取が多くなりがちです。

すると、バストまで回っていくほどのタンパク質が摂取できておらず、バスト周りから肉が減っていきます。

適切なブラを着けていない

授乳用のブラジャーは、授乳のしやすさとバスト周りの血行を良くすることに重点を置いています。

授乳の快適さを優先するあまり、バストを寄せたり支えたりする機能が低いものを選んでいると、乳腺の衰退と一緒にバストの肉は脇や背中に移動し、下垂が進んでしまいます。

そして、サイズが合わないブラジャーを着けていることも、しぼみや下垂を招きます。授乳回数が減るにつれてバストはしぼんでいくのに、授乳用のブラは卒乳までずっと同じものを使っている人が多いです。

授乳中は、血行が悪くならない程度の補正力がある授乳ブラを、しぼむバストにサイズを合わせて買い替えながら使うことが大事ですね。

卒乳後は、バストがすっかり変化しています。にもかかわらず、産前と同じブラジャーを使用したり、楽だからという理由で授乳用のブラを使用したままで過ごしていると、バストから肉はどんどん流れしぼみや下垂が進んでしまいます

しわしわバストを元に戻す方法

授乳中や卒乳後のバストケアがきちんとできずに、すっかりしぼんでしわしわになってしまったバストの戻し方をご紹介します。

体の外側から改善する

バストの外側から改善する方法3つ
  • 適切なブラを着ける
  • バストクリームを塗る
  • ナイトブラを着ける

適切なブラを着ける

産後のバストは、産前のバストから大きく変化しています。サイズも形も異なるので、自分のサイズを測り直し、バストの悩みに合った補正力の高いブラジャーを選ぶ必要があります。

肉の脇流れや下垂を防ぐためには、脇高でアンダーがしっかりしたものを選びましょう。

なかなか補正ブラを買いに行く時間が無い、忙しい子育てママには、ネットで買えて試着もできる「ラディアンヌ」の補正ブラをおすすめします。

参考>>ラディアンヌのリフトアップブラを使ってみた!垂れ乳に効果あり?

バストクリームを塗る

卒乳後は赤ちゃんの口にクリームが入る心配も無いので、バストクリームで保湿していきましょう。

保湿することでバストのハリがアップし、しわしわだったバストが蘇ります。

更に、バストクリームには、バストに脂肪を集めて定着させる効果のある成分が含まれているものもあります。

参考>>産後のバストにハリを取り戻せ!バストクリームのおすすめ6選

ハリとボリュームをアップさせれば、しわしわになってしまったおっぱいから抜け出せますよ。

ナイトブラを着ける

昼に適切なブラを着けて肉をバストに集めたら、夜はナイトブラを使って肉をキープする必要があります。

ナイトブラは、寝ている間のバストが動かないようにして下垂を防ぐだけでなく、バストの肉が脇や背中に流れてしまわないようにキープしてくれます。

ナイトブラ自体にはバストアップ効果はありませんが、ナイトブラはバストアップをサポートして、他のバストアップ方法の効果を上げてくれるのです。

ナイトブラは、自分のバストに合ったものを使い続けることで効果を発揮します。

ナイトブラを選ぶ時には、自分のバストに合ったものを選ぶだけでなく、洗濯方法や金額などもしっかりチェックして、使い続けられる商品であるかどうか確認しましょう。

参考>>もう迷わない!ナイトブラの選び方!6つのポイントを押さえよう

体の内側から改善する

バストの内側から改善する方法3つ
  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善
  • ストレッチやマッサージ

食生活の改善

バストに肉をつけるためには、タンパク質の摂取が大切です。まずは、必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質のタンパク質(魚、肉、卵、大豆製品、乳製品)を少し多目に食べるように心がけてみましょう。

バストアップに効くからと言って、そればかり食べているのでは体のバランスが崩れ、バストアップできません。

タンパク質だけでなく、様々な栄養素をバランス良く摂ることで、体が全体が整ってバストに肉が付きやすい体になっていきますよ。

参考>>産後のバストアップに効果的な食べ物は?栄養素と仕組みを理解しよう

生活習慣の改善

早寝早起きや適度な運動など、体を整えることでホルモンバランスが整いバストのボリュームアップにも繋がりますが、子育て中はなかなか自由が利かず、難しいですよね。

子育て中の忙しいママでも、意識を少し変えるだけで取り組めるのが、猫背の姿勢を改善することです。

少し隙間時間ができた時に、猫背になっていないかどうか確認するクセをつけましょう。

猫背が治るとバスト周りの血行が良くなり、バストに肉が付きやすくなるので、ボリュームアップすることができますよ。

ストレッチやマッサージ

バスト周りの筋肉をほぐすことで、血行が良くなり、バストに肉が付きやすくなります。

肩甲骨を動かすストレッチは、バスト周りの筋肉がほぐれるだけでなく、猫背の改善にも効果を発揮しますよ。

産後のバストはデリケートなので、バストを直接マッサージすると、クーパー靭帯や乳腺を傷つけてしまいます

バストを直接マッサージするのではなく、デコルテや大胸筋をマッサージしてほぐしたり、バストアップのツボを押したりするようにしましょう。

まとめ:産後にしぼんだ胸もボリュームアップできる

産後は、ホルモンの影響だけでなく、生活の変化や合わないブラジャーが要因でバストがしぼみます。

しぼんだバストを元に戻すためには、体の外側からバストを変えていくだけでなく、バストに肉が付きやすくなるように内側から体を変化させていく必要があります。

体の外側から改善する
  • 適切なブラを着ける
  • バストクリームを塗る
  • ナイトブラを着ける
体の内側から改善する
  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善
  • ストレッチやマッサージ

これらの方法を実践しても、短期間では効果は出ません毎日コツコツと持続することで、あなたのバストは蘇ります。

できることから始めて、理想のバストを手に入れましょう!

産後の胸が垂れる原因
産後の胸が垂れるのはクーパー靭帯が原因だった!戻す方法はあるの?妊娠中・授乳中は、ふっくらとしてボリュームのあったバスト。 卒乳したとたんに垂れ始め、しばらく放置したバストは下向きの残念なバスト...
ランキング参加中

当ブログは、あなたのお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村


バストアップランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA