産後のバストアップ

バストアップにはタンパク質が大切!摂取量や食べ物を徹底解説

タンパク質 摂取量と食べ物

卒乳後に、しぼんでしまったバスト。

ボリュームアップを目指してあれこれ試してみても、なかなか効果が出ないと悩んでいませんか。

その原因は、タンパク質不足にありますよ。

今回は、タンパク質が含まれる食べ物や、1日に必要な摂取量をご紹介。

日々の食事にタンパク質を摂り入れることで、効率良くバストアップできますよ。

子育てで忙しく、自分にまで手が回らない産後ママだからこそ、まずは食生活を見直して、自宅で効果的にバストアップしていきましょう。

バストアップにはタンパク質が大切!

バストアップには、タンパク質が欠かせません。

その理由は、タンパク質が血液や筋肉などの体を作る働きをしているからです。

タンパク質は、体内に吸収される過程でアミノ酸になります。

そしてまた、アミノ酸からタンパク質に再合成することによって、体の一部になるのです。

アミノ酸の中でも、体内で作り出すことができないアミノ酸のことを必須アミノ酸と言います。

必須アミノ酸が多く含まれる食材は「良質なタンパク質」と呼ばれます。

良質なタンパク質をバランス良く摂れば摂るほど、必要な場所でタンパク質として再合成されるようになるのです。

バストアップを目指すなら、1日で摂取しておきたいタンパク質の量が決まっています

摂取するタンパク質が少なすぎると、体の他の部位に使われてしまい、タンパク質がバストまで回って行きません。

すると、どんなにバストケアを頑張っていても、バストアップには繋がらないのです。

しかし、子供のお世話に追われていると、自分の食事のタンパク質について、なかなか気にかけられないですよね。

毎日の食事の中に少しの工夫をするだけで、毎日忙しいママでも、手軽にバストアップできるようになりますよ。

タンパク質の量を考える時は、1日のトータル摂取量から考えて、1回の食事でどのぐらい食べればいいのかを考えるのがポイントです。

3回に分けても必要な量を食べられない場合には、プロテインを活用する方法もありますよ。

1日に必要な摂取量を知り、バストアップ目指して、食事の内容を改善していきましょう。

タンパク質の種類と食べ物

タンパク質は、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類に分けられます。

動物性タンパク質

お肉

動物性タンパク質とは、動物から摂れるタンパク質のことを言います。

良質のタンパク質と呼ばれるものが多く、アミノ酸がバランス良く含まれているので、効率よく体内で利用されます。

  • 乳製品

などが、動物性タンパク質に当たります。

高タンパク食材の代表と言えば、お肉です。

鶏肉・豚肉・牛肉などのお肉だけでなく、ラム肉や鴨肉など、様々なお肉があります。

例えば、鶏むね肉のタンパク質は100gあたり23.3g。

鶏肉は、脂肪が少なく高タンパク質なので、体重が気になる産後ママにぴったりのバストアップ食材です。

鶏肉 部位別タンパク質量おすすめレシピ
鶏肉にバストアップ効果あり!タンパク質が多い部位やおすすめレシピ産後のバストアップを目指すなら、タンパク質の摂取は欠かせませんが、何をどのぐらい食べればいいのか気になりますよね。 バストアップ食...

豚肉は、小間切れが料理に使いやすく、高タンパク質なので、普段の料理に使いやすいバストアップ食材です。

さらに、炭水化物の代謝に関わるビタミンB1が含まれているので、産後ダイエットをしている人におすすめです。

豚肉でバストアップを手軽に!タンパク質が多い部位やおすすめレシピ産後のバストアップを目指すなら、十分な量のタンパク質を摂取することはとても大切。 タンパク質が足りていないと、卒乳後にしぼんだバス...

牛肉は、高タンパク質で鉄分も含んでいるバストアップ食材です。

鉄分は、貧血を防ぎ、バストアップしやすい環境に整えてくれます

女性の多くは貧血だと言われているので、積極的に食べていきたい食材ですね。

お肉はとても高タンパクですが、選ぶ部位によっては脂質が多く含まれます。

脂質の少ない部位を選ぶことで、余計な脂肪を体に蓄えずにバストアップすることができますよ。

魚は肉類よりも消化が良く、食べやすいタンパク質食材です。

脂質も少ないので、妊娠中に増えた体重を減らしたい人におすすめ。

特に鮭は、100gあたりのタンパク質が22.3gと豊富に含まれています。

骨が少なくお子さんでも食べやすい魚を選べば、食卓に並べやすく、必要なタンパク質を摂取することができますね。

乳製品

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品には、タンパク質が含まれています。

牛乳やヨーグルトは、お子さんと一緒に摂取することができるので、産後のバストアップの強い味方。

定期的に摂取する習慣をつけやすいので、手軽にタンパク質の摂取量を増やすことができますね。

ただし、ヨーグルトを購入するときは、糖分についてきちんと確認してから購入しなくてはいけません。

味がついているヨーグルトには、糖分が多く含まれます。

糖分を多く摂取することは体に良くありませんし、バストアップにも悪い影響があります。

なるべく味がついていないものを選ぶようにしましょう。

卵は、低糖質かつ高タンパクで、食物繊維とビタミンC以外の栄養が含まれている食材です。

食事の彩りが良くなり、お子さんでも美味しく食べることができるのでおすすめです。

ゆで卵にすれば、まとめて調理できますし、殻付きのまま冷蔵庫で保存すれば3日間は保存できますよ。

ゆで卵ならコンビニでも入手することができるので、外でささっと食事を済ませたい時でも手軽にタンパク質を補うことができます。

タンパク質や栄養が偏りがちな平日のランチに活用することで、上手にタンパク質を摂取できますね。

植物性タンパク質

大豆

植物性タンパク質とは、動物ではなく、植物から摂取することができるタンパク質のことを言います。

  • ナッツ
  • 野菜

などに含まれています。

動物性タンパク質だけに偏ってしまいがちですが、バストアップの為には植物性タンパク質も摂取する必要があるので、食材を把握しておきましょう。

豆類は、低脂肪かつ高タンパクな食材です。

豆の中でも特に大豆は、必須アミノ酸が豊富に含まれる「良質なタンパク質」。

100gあたり33.8gものタンパク質を含んでいますよ。

さらに、大豆や大豆製品を食べることによって、大豆イソフラボンを摂取することができます。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをして、肌のハリをアップさせてくれます。

タンパク質を効率良く摂取できるだけでなく、産後の垂れたバストにハリを取り戻すことができるので、上手に取り入れていきましょう。

ナッツ

ナッツ類は、高タンパクなだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれている食材です。

食物繊維もたくさん含まれているので、お通じが良くなり、腸内環境が整いますよ。

妊娠中や授乳中のおやつとして、よく食べていた人も多いのではないでしょうか。

ナッツの中でも特にタンパク質が多く含まれているのは、ピーナッツ。

100gあたり24.4gのタンパク質が含まれています。

ただし、売られているおつまみ用のピーナッツには、塩分が多く使われています。

無塩のピーナツを選ぶようにしましょう。

他に、ピスタチオやアーモンドにもタンパク質が多く含まれていますが、こちらも塩分が使われていることが多いので、無塩のものを選んで食べましょう

野菜・果物

肉や魚に多く含まれているタンパク質ですが、野菜にも含まれています。

野菜の中でタンパク質が多いのは、芽キャベツやブロッコリー、枝豆やトウモロコシなど。

バナナにもアミノ酸がバランス良く含まれていますよ。

子供が好きな食材が多いので、料理に摂り入れやすいですね。

タンパク質の摂取量と摂取方法

はかり

バストアップするためには、1日に摂取するタンパク質の量が少なすぎても多すぎても良くありません。

産後のバストアップを叶える為に必要なタンパク質の量と、摂取方法をご紹介します。

1日に体重1kg当たり1~1.5g

効率良くバストアップをする為には、1日に体重1kgあたり1~1.5gのタンパク質を摂取することが理想です。

もし体重50kgなら、1日に50~75gのタンパク質を摂取するのが望ましいとされています。

1食当たりに換算すると、1食で17~25gのタンパク質が必要になりますよ。

例えば、鮭一切れ80gを食べると、17.8gのタンパク質を摂取することになるので、植物性のタンパク質を少し補うことで、1食分の必要量を食べたことになりますね。

お肉ならを100g食べれば1食分の必要量に達することができますが、100gのお肉を1食で食べるのはなかなか大変です。

大豆や野菜、乳製品などと上手に組み合わせていきましょう

体重1kgあたり2g未満に留めるのが適当

タンパク質を過剰に摂取すると、上手く体に摂り入れることができず、胃腸に負担がかかってしまいます

体重1kgあたり、2g未満に留めるようにしましょう。

100gあたりのタンパク質量を考えて摂取しよう

1回の食事で必要なタンパク質を摂取するためには、100gあたりに含まれるタンパク質量を把握して計算する必要があります。

きちんとタンパク質を摂取しているのに、バスト周りにお肉がつかない…とお悩みの場合は、誤ってそのままの食材の質量で計算しているかもしれません。

体重50kgなら1日50~75gのタンパク質が必要です。

この場合、お肉を75g食べれば一日分のタンパク質が十分に摂れているでしょうか。

実は、摂れていないんです。

必要なグラム数分だけ食べれば、十分なタンパク質が摂取できていると考えるのは、間違いです。

例えば、鶏むね肉のタンパク質は100gあたり23.3gなので、75gの鶏むね肉には17.4gのタンパク質が含まれていることになりますよ。

1日分のタンパク質を食べたつもりでも、1食分にしかなっていないので、注意が必要ですね。

ユリ
ユリ
良く使う食材については、100gあたりのタンパク質量を覚えておくと便利ですよ。

栄養が偏らないようにしよう

いくらタンパク質がたくさん含まれていると言っても、一つの食材だけをたくさん食べるのでは、バストアップに効果はありません

一つの食材だけを食べ続けたり、大量に食べることで、タンパク質を多く摂取したつもりにはなりますが、体にきちんと摂り入れられていきません。

高タンパクな食材をバランス良く摂取することで、バストアップにつながります。

タンパク質だけではなく、タンパク質の合成に影響を及ぼすビタミンや、炭水化物の量にも気をつけてみましょう

炭水化物を全く食べないと、せっかく摂取したタンパク質がエネルギーに使われてしまうので、炭水化物を抜くのは止めましょう。

ただし、食べすぎも禁物です。

腹八分目ぐらいを目指して、あなたにとって適切な量を食べるようにしましょう。

乳製品やナッツ類を選ぶときは、糖質や脂質の低い物を選んだり、消化にいい脂質のものを選んだりするなどして、工夫してみてくださいね。

まとめ:必要なタンパク質を摂取してバストアップを目指そう

タンパク質

産後のバストアップに欠かせない、タンパク質についてご紹介してきました。

  • バストアップにはタンパク質が大切
  • タンパク質は一日に体重1kgあたり1~1.5g必要
  • 体重1kgあたり2g未満にする
  • 動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く食べることが大切
  • ビタミンや炭水化物の量にも気を付ける

タンパク質はバストアップに欠かせない大切な栄養素ですが、適切な摂取量が決まっています。

一つの食材を食べ続けたり、多く食べすぎたりするのは体に良くありません。

一日にどのぐらいの摂取量が必要なのかを計算して、バランス良く摂取し続けることで、寂しくなってしまった産後のバストにボリュームを出していきましょう。

産後のバストアップ 食べ物
産後のバストアップに効果的な食べ物は?栄養素と仕組みを理解しよう産後のバストアップには、外側からのケアだけでなく、内側からのケアも必要です。 内側からのケアと言えば、まずサプリメントが思い浮かび...
ランキング参加中

当ブログは、あなたのお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村


バストアップランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA